緊急事態宣言解除後の初稽古

本日は緊急事態宣言解除後の初稽古、久しぶりの今井中学校の畳での稽古となりました。
今は休会中の方もいらっしゃって少人数での稽古となりましたが、その分、黒帯を相手に中身の濃い稽古とさせていただきました。

新ルールに対応するためのちょっとした稽古も取り入れながら、やはり基本となる捌きを中心に技の確認を丁寧に行っていきました。

最後はミット稽古からのライトスパーで気持ちよく汗をかきました。

道場生が安心して通えるようにしっかりと感染対策を行いながらも、各レベルに合わせた質の高い稽古をしていければと思っております。
押忍!

神奈川支部 代表指導員 二宮

夏季審査会

本日は、東京、埼玉、神奈川支部合同の夏季審査会が行われました。
神奈川支部からは武蔵小杉道場唯一の小学生が黄帯への昇級にチャレンジしました。
また、一般部では女性の木下さんが昇段審査にチャレンジとなりました。
審査はこのご時世のため、マスクは着用し、対面はできるだけ避け、そのかわりに基本、型をしっかりと確認しながら行いました。
約束組手は触れない程度距離を取って行い、普段の審査会とは違い少しやり辛さはあるものの審査としてはしっかりといつも通りのメニューを行いました。
組手はマス(投げはあり)で昇段審査の組手のみを行いました。
何がマスなのか、これがマスで良いのか、最後までわからなかったですが。

審査は無事に終了し、皆さん昇級、昇段をいたしました。
おめでとうございます。


朝日先生はじめ、指導員の方々、また保護者の方々お疲れ様でした。
冬の審査の時はもう少し情勢が落ち着いていること願っております。
押忍

※写真撮影時のみマスクを外しております。

神奈川支部 代表指導員 二宮

暑中お見舞い申し上げます。

オリンピックも終えましたが、まだまだ熱気冷めやらぬ暑い日が続いております。
初めて競技種目として追加された空手には自分も昔は伝統派をやっておりましたので、
改めて伝統派の凄さ、特に型の一つ一つの動き、所作に魅了されました。
コロナ禍で様々な規制がまだまだ続きますが、新型コロナウイルス感染症の終息を
願うとともに暑さ厳しき折柄、ご自愛ください。
今後ともなお一層ご愛顧のほどお願い申し上げます。
押忍!

神奈川支部 代表指導員 二宮 裕貴寛

2019年全日本夏合宿より

府中道場

本日は久しぶりに府中道場&朝日先生の稽古に参加してきました。
最近は武蔵小杉道場の指導とコロナの影響でなかなか府中道場に行けてなかったので。
約2年ぶり?くらいかもしれません。
そして、朝日先生の稽古も久しぶりでした。

朝日先生の稽古は試合的な捌き、実践的な捌きを織り交ぜながら毎回スピード感のある指導で気持ちよく汗をかけます。
最後は黄帯の型で締めました。
また、時間を見つけて稽古に来よっと。
押忍!

神奈川支部 代表指導員 二宮

久しぶりの畳

昨日は今井中学校での日曜日クラス。
今年度からは日曜日クラスを月2回に稽古日を増やしました。

そして約1年ぶりに畳の使用許可もいただき、久しぶりの畳での稽古を堪能!
まずはみんなで畳を敷きます。

まずは受け身から。
最近は受け身の稽古ができていなかったのでちょっと新鮮です。
若い帯の人もいるのでしっかりと。

審査も近いので型の稽古もしっかり行いました。
その後はいつもミット稽古メニューで身体を温めます。

最後は捌きの稽古。
基本の投げと投げられた時の受け身をしっかりと行いました。

残り時間は自主トレで。
今回から30分ほど自主トレもできるようになりました。
やっぱり畳の稽古は良いですね。

神奈川支部 代表指導員 二宮

最後と最初の稽古

本日は武蔵小杉道場の古参である湯沢さんが4月で転勤のため、最後となるので、久しぶりにみんなで集まっての稽古をしました。また、本日は体験稽古の方もいらっしゃり最後の稽古と最初の稽古の方が入り交じった感慨深い内容となりました。
このタイミングで体験に来られるのも何かの縁かと思いますので是非これから一緒に稽古ができると嬉しく思います。
稽古は基本稽古、型稽古、応用稽古(捌き)を行いました。

そして、最後は時間の許す限り(10ラウンドくらい?)ライトスパーもしくはマススパーを、、、もちろん湯沢さん中心で行いました。

自分はスパーリング最後の相手を務めさせていただき湯沢さんの武蔵小杉道場の稽古を納めさせていただきました。

これだけの人が集まったのも湯沢さん人柄かなとも思いました。
是非、転勤先でも円心を続けてもらい、戻ってきた時には帯も上がり強くなっていることを願っております。
また、こちらに戻って来る際は道着を忘れずに、必ず道場にも顔を出してくださいね。

皆んなからの寄せ書きです。(濱田さん用意いただきありがとうございます。)

来週から緊急事態宣言が解除されますが、これまで同様に油断はせず、検温、手洗い、うがい、マスク着用、換気等の対策をしながら稽古していきたいと思います。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。
押忍!

神奈川支部 代表指導員 二宮

緊急事態宣言下における稽古

1月9日から発令されている緊急事態宣言に伴い、現在、各道場では稽古時間を時短しながら様々対策を取りながら稽古を行っております。
当道場もいつもの稽古とは違い、また前回の緊急事態宣言の時の経験を活かした、できる限りパフォーマンスを落とさないように工夫しながら稽古に取り組んでおります。

その一つとして、道場稽古とオンライン稽古を併用しながらの稽古を行っております。
道場生の方々には色々とご協力いただきながら、分散しながらもちゃんとした稽古ができていることに今は感謝しかありません。
稽古としては、基本稽古、型稽古、ポジショニング、シャドーを中心に、対人稽古はできるだけ控えた内容としております。

基本稽古


技を説明する際にはどうしても組んでの見本を見せた方が意図が伝わりやすく、前回の緊急事態宣言の際には、そこが一番苦労し、試行錯誤したところですがそこは多少解消された気がします。

型稽古
ポジショニングからのアタック

電波状況や場所の確保で色々と道場生の方々にはご不便かけておりますが、まずは皆様の体調を第一に、安全と安心のため新型コロナウィルス感染症拡大防止に関する取り組みを行いながら、このような状況下でも楽しく稽古していければと考えております。
ご理解とご強力のほどよろしくお願いいたします。
押忍!

神奈川支部 代表指導員 二宮

Happy New Year

あけましておめでとうございます。
昨年はコロナの影響で、なかなか通常の稽古ができませんでしたが、
それでも稽古ができる環境にいることがいかに恵まれているのか、
改めて感じることのできた一年でした。
また、こういう状況下の中でも新しい仲間も増えました。
今年も工夫をしながらですが、皆さんと一緒に稽古し切磋琢磨して
いきたいと思いますので、頑張っていきましょう。
押忍!

少し古い写真ですが・・・

神奈川支部 代表指導員 二宮

稽古納め

昨日は2020年神奈川支部の稽古納めでした。
いつも府中道場の指導で忙しい森先輩も稽古に来てれました。
神奈川支部所属のレアキャラですね。

柔軟、基本稽古に始まり、先日の審査で色々と指導のあった型(青帯、黄帯)をじっくりやりました。
最後は時間までみんなでライトスパーリングをして気持ちよく稽古を終えました。

今年はコロナの影響で思った通りの稽古もできず、審査会も苦労しました。何より大会が全て中止になりすごく残念でした。
そんな中でも、オンライン稽古で海外の支部やOBとも繋がり、普段一緒に稽古ができない埼玉支部の子供たちとも画面を通して一緒に稽古することができました。
また、審査会では、組手の代わりにしっかりと基本、型を見ることで、より正確でかつ力強い動きを求められるようになり、高いレベルを求めたいつも以上に厳しい審査会となりました。
道場生も規制のある稽古の中で、向上心を切らさずしっかりと稽古についてきてくれました。
去年、道場生の奥様に作っていただいたこのHPからの問い合わせで新規の入会もあり新しい仲間も増えました。

来年もまだまだこの状況はしばらく続くと思いますが、気を引き締めてみんなで楽しく稽古に励みたいと思います。
押忍!


神奈川支部 代表指導員 二宮

冬季審査会

先日、東村山市民スポーツセンターにて東京、埼玉、神奈川支部合同の冬季審査会が行われました。

コロナ禍で行われた本審査会は前回同様にマスク着用、ソーシャルディスタンスを保ちながらの審査会となりました。

受審者はジュニアが7人(白帯〜緑帯)、一般部が6人(白帯〜緑帯)の総勢13人でした。
残念ながら武蔵小杉道場からは今回は受審者を出すことができませんでした。

審査は柔軟、基本、型を重視し、対人の捌き、連続捌きは少なめに、スパーリングは初の試みで対面してのシャドースパーリングを行いました。
ただし、今回は大人の上級チャレンジもいましたので、一部ミドルスパーリングも取り入れて行われました。

基本や型は、立ち方や身体の使い方を中心に指摘、指導させていただきました。
ここのボタンをかけ間違えると、どんなに体力をつけても技ではなく、力技になってしまい、どんなにスピードをつけても軸が取れなくなるので、ごまかした動きになってしまうので、普段の稽古から意識して指導するように心掛けております。

写真は対面シャドースパーリングの様子です。
しっかりと相手の動きを見ながら正確に捌きをしていかないと各々バラバラの動きとなってしまいます。そして自分本位の動きとなってしまうと上手くいきません。
相手と呼吸とタイミングを合わせ、正確にポジションニング、捌きを入れていかないといけないのでなかなか難しいなと思いました。
子供たちはその辺り柔軟に対応できておりすごいな感じました。

審査は一般部で一人は4月に再審査、一人は型保留となってしまいましたが、その他は無事に昇級することができました。
上級帯にチャレンジは改めて難しく、しっかりと技を理解し、それを体現していく必要性を感じました。

最後に受審者の方々、ご指導いただいた先生、指導員の方々、また、寒い中見学いただきました父兄の方々、お手伝いいただいた道場生の方々お疲れ様でした。
来年は普通に審査会できるようになることを心より願っております。

12/26は武蔵小杉道場の稽古納めとなります。
最後に良い汗をかいて年内の稽古を締めましょう。
みなさんのご参加お待ちしております。

神奈川支部 代表指導員 二宮