最後と最初の稽古

Facebook にシェア
LINEで送る

本日は武蔵小杉道場の古参である湯沢さんが4月で転勤のため、最後となるので、久しぶりにみんなで集まっての稽古をしました。また、本日は体験稽古の方もいらっしゃり最後の稽古と最初の稽古の方が入り交じった感慨深い内容となりました。
このタイミングで体験に来られるのも何かの縁かと思いますので是非これから一緒に稽古ができると嬉しく思います。
稽古は基本稽古、型稽古、応用稽古(捌き)を行いました。

そして、最後は時間の許す限り(10ラウンドくらい?)ライトスパーもしくはマススパーを、、、もちろん湯沢さん中心で行いました。

自分はスパーリング最後の相手を務めさせていただき湯沢さんの武蔵小杉道場の稽古を納めさせていただきました。

これだけの人が集まったのも湯沢さん人柄かなとも思いました。
是非、転勤先でも円心を続けてもらい、戻ってきた時には帯も上がり強くなっていることを願っております。
また、こちらに戻って来る際は道着を忘れずに、必ず道場にも顔を出してくださいね。

皆んなからの寄せ書きです。(濱田さん用意いただきありがとうございます。)

来週から緊急事態宣言が解除されますが、これまで同様に油断はせず、検温、手洗い、うがい、マスク着用、換気等の対策をしながら稽古していきたいと思います。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。
押忍!

神奈川支部 代表指導員 二宮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です