冬季審査会

Facebook にシェア
LINEで送る

東村山市民スポーツセンターにて東京・埼玉・神奈川支部合同の昇級審査会を行いました。
神奈川支部からは、一般部より2人が受審いたしました。
そのほか、東京、埼玉支部より子供と大人合わせて15人強の道場生が受審いたしました。
当日は審査会直前から少しづつ雨が降ってきており、気温も下がってきていましたが、暖房設備のない武道場が埋め尽くされておりました。
審査は朝日支部長の号令のもと、準備体操から始まり、基本稽古、形、約束組手、連続捌き(緑帯以上)、組手の順で行われました。
受審者が多いのと、各指導員より都度色々なアドバイス、注意点が飛び交い、3時間を超える審査会となりました。
神奈川支部の2人も無事に昇級でき、緑帯と青帯の新しい帯を渡すことができました。
審査会では大人数に囲まれ、また、普段なかなかご一緒できない指導員がいたりと緊張しっぱなしとなり、普段通りの動きをできないことが多々あります。
その中で、受審する級に見合ったパフォーマンスを出すことが求められ、いつものパフォーマンスを出すことはすごく難しいです。
ただ、こういった状況を経験することによって、己の自信にもつながると思います。
今回、昇級できた皆さんもまた1つ上のステージ行けたのではないかと感じてします。
課題はいろいろとあると思いますが、それはまた各道場に戻り、稽古を積んでいただければと思っております。
昇級された皆さんおめでとうございます。
寒い中審査会にお付き合いいただいた道場生の方々、保護者の方々ありがとうございました。
朝日支部長、指導員の方々、お疲れ様でした。
神奈川支部の稽古は、年内は残り1回(12/29)の稽古となります。
最後にみんなで気持ちよく汗をかいて締めれればと思ってますので、
参加できるかたはお持ちしております。
押忍‼

神奈川支部 代表指導員 二宮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です